転職

転職への考え方【令和は転職のハードルが下がっている】

アドセンス

今、転職すべきか考える

転職すべきか、しないべきかは、他人が決めることじゃなく、自分が決める事。

しかし、ストレスで心身共にボロボロになりそうな人や、将来に希望が見えない人は、転職をススメます。

単に「転職」と言っても、現状より悪い環境や条件下へ向かうのは、避けましょう。

例えば、一時の感情に任せて、何も下準備せずに退職というのは、

転職の失敗に繋がります。

 

転職を成功させるためには、下準備が必須です。

 

現状を変えたいと強く願っており、

転職への下準備がしっかりできており、さらに、現状への未練が全くなければ、

転職すべきでしょう!

 

転職を成功させるには、下準備が重要

転職するメリット

転職は、成功に転ぶか失敗に転ぶか、どちらにせよ、

 

現状の環境を変える事ができます。

 

人付き合いであったり、評判であったり、給与や休日、各種福利厚生全てが変わります。

 

「今はどん底だ!少しでも良い条件の所へ行ってやる!」

という方は、

環境をガラッと変える事ができます。

 

また、スキルを活かすことが出来ます。

 

あなたが今いる会社で培った能力が、職場を変えた途端に光るということは多々あります。

 

そして、転職によって別のスキルを身に付け、元々いた職場で身に付けたスキルと合わせ技で活躍する事も出来ます。

特に、特殊な職種に就いている方なら、営業や接客など様々な職場で強い武器になります。

2つ以上のスキルを合わせられるなら、あなたは他の誰とも違う立ち位置を獲得できます。これは強みです。

 

開業するなら、自由を手に入れることが出来、利益もあなたに返ってきます。つまりは「頑張った分だけ稼げる」ということ。

でも、経営は難しいですよ。これも下準備が必要なことです。

 

フリーランスになるのも、自由を手に入れる方法。

フリーランスは難しくも楽しい世界。

稼ぐのは本当に難しいですが、

会社勤めが本気で嫌だ!自由をくれ!必死に頑張るから自分で稼ぐ達成感がほしい!

と言う方には向いてるでしょう。

転職するデメリット

転職するデメリットは、前職のスキル以外のほとんどを失う事です。

昇進、昇任、評価をすべて失います。

しかし、

同じ職種への転職の際、元々いた会社での「実績」は評価されやすいです。

異業種への転勤では、「前の会社では係長で」などと言っても、「この仕事は前にいた所と違うよ」と冷たく評価されます。(将来的に部下育成はできるのかな?とは思われても、移った会社で一から知識と経験を積まなければ人の上には立てませんよね。)

言わずもがな、勤続年数も失ってしまいます。

仕事を辞めて何しよう

仕事を辞めて目指すとしたら、

同じ職種への転職

異業種への転職

独立開業

フリーランス

ネットビジネス

世界一周にでも行ってみるか。ワーキングホリデーも悪くない。

という選択肢が頭に浮かぶと思います。

ネットビジネスは多岐にわたり、市場は拡大中。

人気のユーチューブをやるも良し

ブログで稼ぐも良し

物販で稼ぐも良し

プログラミングは人手不足だからプログラミングを猛勉強して稼ぐも良し

ライターになって稼ぐも良し

金銭的余裕と知識があるなら株やFXで稼ぐも良し。

 

たくさんありますよ!

転職前の下準備

転職を考えたら、

すぐに辞めずに下準備を必ずしましょう。

転職する時には、働いてきたその会社には愛着なんてないでしょうから(冷たい)、

自分のために、しっかり下準備しましょう。

公務員にも言える事です!

公務員は勤めながら民間を受けたりしてはいけないですよね。(したと言う方もいますが)

下準備とは、

・転職サイトへ登録する

 

・3ヶ月くらいは働かなくても生きていける貯金作り

・資格取得

 

これくらいなら出来るでしょう。

 

民間にも公務員にも言えることが、

転職する気を同僚や上司にバレないようにする事です。

バレると会社にいずらい空気になります。

 

下準備して、準備が整ったら退職を申し出ましょう。

 

もっと詳しく

退職届と退職願って何が違うの?

退職願より退職届の方が意思が強い

これくらいの感覚で大丈夫です。

 

退職願か退職届を手書きで書いて、直近の上司に「大事なお話が」と個室へ行って退職したい旨申し出ましょう。

退職届は手書きで持っていきますが、

会社の決められた様式に書き直しをしなくてはいけない場合もあります。

どちらにせよ、

決意を表すために手書きの退職届を持っていくのがベストです。

止められる事がよくあるという事は覚悟しておいた方が良いです。

転職を決意したはずが、気持ちが揺らいで退職を辞めてしまい、後悔するケースもあります。

すぐに退職できるの?

退職は2週間ないし3週間前に申し出なくてはいけません。

就業規則に明記されているはずなので、チェックしましょう。(すぐに退職または有給消化できる会社もあります。)

社内規定に明記されていれば、その期間前に退職を申し出るようにしましょう。

また、忘れてはいけないのが、

引き継ぎです。

社会人のマナーですし、会社を辞めた後にも関係が続くこと、転職先の取引先になる場合もあるので、

円満退職に心掛けましょう。

退職が決まれば、総務課等から必要書類を大量に渡されますので、淡々と手続きを進めましょう。

転職するか、しないか

今の環境に耐えられないなら、転職するために行動を始めるべきです。

心も体も壊してしまうくらいなら、耐える努力より変える努力を、強く勧めます。

 

転職に希望を持てない、今の会社でもうちょっとやってみれる気がするなら、転職しないで会社の中で変わる努力をしましょう。

ただ、転職の下準備には時間がかかります。

 

少しでも転職が頭にあるならば、少しずつでも影の転職活動を進めておくと良いでしょう。

 

転職しない事を決めたら、転職の下準備を止めればいいだけです。

 

資格取得や転職サイトへの登録など、気軽に出来ることは沢山あります。

 

昔と違って職を変えるハードルが下がっている昨今にあって、転職はマイナスではありません。

 

環境をやりよくする成功転職に向けて、行動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

  • この記事を書いた人

はりね。

公務員、民間2社を経験したフリーウェブライターの「はりね。」といいます。転職を成功させたい方を全力で応援しますので、よろしくお願いします!

興味のある記事を一覧から見つける

1

webライター ウェブライターのなり方【一番分かりやすくシンプルに解説】 転職だって独立だって、怖くない フリーランス 転職とフリーランス、いまブームなの? ウェブライターのなり方【一番分かりやすくシ ...

-転職

Copyright© New転職 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.