転職

転職して、すぐ転職。印象悪い?

アドセンス

転職回数が多いのは、悪いこと?

 

転職についての考え方は日本と欧米では違います。

 

日本においては、1つの企業に長く勤める事が美徳とされ、欧米では何度も転職する人は能力が高いと見られる。

 

でも、それは一昔前。

 

日本も完全にそのような価値観になったわけではありませんが、

昔よりは転職回数に対しての考え方は少しづつ変わってきています。

 

日本と欧米の転職に対する考え方と言っても、

存在する企業の経営形態、雇用形態が違うので、価値観が日本と欧米で違うのは当然なのですが、

日本においても転職に対しての厳しい目は和らいできているのは事実です。

 

そこで、転職回数の多さについてですが、転職理由が印象の全てになります。

 

転職理由がポジティブなものであれば、

そこまで悪く思われません。

 

人材不足の企業にとっては、

うちでは辞めさせない!

 

と重宝されます。

(ある程度の能力」頑張りは必要ですが)

 

なので、

転職活動の面接では、前職の悪口(求人の内容と違ったとか職場の空気が悪い)を言ったり、

ネガティブな理由(心折れたとか)を言うのはやめましょう。

 

ポジティブに転職活動していけば、転職回数は多くても問題なく採用されます。

転職して、すぐ転職は印象が悪い?

 

やはり、転職した先で数日、数ヶ月で辞めて転職というのは、書類選考で良い印象は持たれません。

またすぐ辞められたらどうしよう

と思わせてしまうからです。

 

企業にとって、新人育成にはコストがかかることですから、

すぐに辞められてしまっては、企業の不利益になります。

 

ですので、書類選考の段階で落とされないためには、

次は絶対に辞めないという理由をしっかり書きましょう。

 

イメージの齟齬がないように職場体験させてもらってから、応募するのもアリです。

 

また、面接に進めたら、次は転職しないという意気込みを見せましょう。

 

やる気+説得力(理由付け)が大切です。

 

事前に、前職をすぐ辞めた理由をポジティブな方向で言えるように準備しておき、

次の会社では愛を持って長く勤務して貢献していくという決意が言えるよう、準備しておきましょう。

転職回数についてのまとめ

 

まとめると!

転職回数が多いと良い印象は与えません。

しかし、

ポジティブな理由なら、絶望的なまでに印象が悪くなることはありません。

 

転職回数が5回、6回となると、さすがに悪い印象になりがちですが、

 

転職している業種が一貫しており、1年くらいは同じ所で働いているなら、

キャリアアップのため転職としてマイナス印象にはならないでしょう。

(明らかに小さな所に転職してたら嘘とバレてしまいます!)

 

現在の仕事が嫌でも、退職は焦らず、転職の準備を整えてから次の職場へ臨みましょう。

 

転職サイトに登録したり、

転職エージェントに相談したり、

独立、開業資金を貯めたり、

仕事をしながら職を変えるために準備できる事はたくさんあります。

 

仕事を辞めたい人は、

慎重に、的確に行動して、

 

転職を成功させましょう!

  • この記事を書いた人

はりね。

公務員、民間2社を経験したフリーウェブライターの「はりね。」といいます。転職を成功させたい方を全力で応援しますので、よろしくお願いします!

興味のある記事を一覧から見つける

1

webライター ウェブライターのなり方【一番分かりやすくシンプルに解説】 転職だって独立だって、怖くない フリーランス 転職とフリーランス、いまブームなの? ウェブライターのなり方【一番分かりやすくシ ...

-転職
-

Copyright© New転職 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.