10分ストーリー

【フリー台本】小さな冒険者は勇者になってヒーローになりたい

アドセンス

シナリオ

明日、6歳になる少年が、誕生日前にお父さんに言われた。

「もう、赤ちゃんじゃないんだ。外の世界を見せてやる」

今まで自分の足で家を出て遠出なんて品たこと無かった少年。

翌日誕生日を迎える夜。少年は外の世界で飛び出した。

登場人物

①ケイタ(主人公幼少期)

②パパ(ケイタ青年期)

③ママ

小さな冒険者は勇者になってヒーローになりたい

ケイタ:いいかい?今から話すのは、ボクが6歳の頃の話だ。忘れもしない、初めての冒険の時の話だ。

俺は、我が子が6歳になる今日、自分が6歳になったときの事を、思い出していた。ブランデーを片手に。

ケイタ(6歳):ママー。パパ、今日も帰ってこない

ママ:ケイタ、パパはお仕事で忙しいの。大丈夫。日をまたぐ前には帰ってくると思うわ。

ケイタ:ママ、ボクはもう大人?

ママ:ふふ、まだまだよ。この間だって、怖い夢を見たって夜中に泣きついてきたのは誰だったかしら?

ケイタ:夢だって分かってたら怖くなかったもん。

ママ:夢は、楽しまなくちゃダメよ。

ケイタ:どうして?

ママ:だって、行ったことのない所へも行けるし、したことない経験も出来るのよ。素敵じゃない。私は、夢は夢と気づきたくないわ。それがイヤな夢だったとしてもね。朝が来れば覚めるもの。覚めない夢はないわ。

ケイタ:なんか難しい

ママ:あなたが大人になったら分かるわ。

ケイタ:ぼく、早く大人になりたい

ママ:どうして?

ケイタ:ボクね、いろんな所に行くのが好きなの

ママ:一人で外に出ることなんてないじゃない。せいぜい目の前の公園まででしょ?

ケイタ:ちがうよ、パパのブーブーで遠くに行くの好きなの

ママ:ほら、まだ子供じゃ無い。ブーブーはもう卒業って行ったでしょ?車よ?

ケイタ:分かってるもん

ママ:たしかに、スーパーまで行くのも、私の自転車の後ろに乗せて行ってるもんね。

ケイタ:ボクの足で歩いて遠くまでいきたいの

ママ:一人じゃダメよ。危ないわ。

ケイタ:やだ!いくの!

ママ:あれ?パパ、もう帰ってきたのかな?

-ドアの開く音-

パパ:ただいま

ママ・ケイタ:おかえりなさいー

パパ:ママ、お風呂、沸いてるかな?すごく汗かいちゃって

ママ:沸いてるわよ。

-お風呂から上がる-

パパ:良いお湯だったよ。ケイタ、まだ起きてたんだね。ケイタ、早く寝なさい。

ケイタ:やだ。

パパ:どうしたんだ?眠れないのか?

ケイタ:パパもママも寝てないから寝ない

パパ:早く寝ないと、大きくなれないぞ。

ケイタ:・・・

パパ:今日のご飯も、おいしいよ。いつもありがとう。こんな遅くまで

ママ:冷えてない?さっき温めたけど、味落ちちゃってるかも

パパ:おいしいよ。

パパ:ごちそうさま。

ママ:ビールで良い?

パパ:うん。・・・あ、いや、ブランデーがあったろう。

ママ:ブランデー?珍しいわね。今持ってくるわ。

-ブランデーを飲む-

パパ:ケイタ。寝ないのか。もう11字だぞ

ケイタ:寝ない。大人は遅くまで起きてる

パパ:ママ、ケイタどうしたんだ。大人になりたい年頃か

ママ:明日6歳になるからって、急に大人に憧れてるのよ。まだ早いって言ってるのに。

パパ:ケイタ、こっちに来なさい

ケイタ:うん

パパ:ケイタ、大人になりたいのか?

ケイタ:うん

パパ:大人になるにはな、いくつも試練を乗り越えなきゃ行けないんだ

ケイタ:試練?

パパ:あぁ。勉強だったり、スポーツだったり、冒険を乗り越えたり。

ケイタ:冒険?パパも冒険したの?

パパ:あぁ、したさ。ケイタと同じ、6歳になる時に。

ケイタ:冒険したい!

パパ:そうか、冒険は危険が一杯だぞ?やり遂げられるか?

ケイタ:出来る!やってみせるよ!

パパ:たくましい目になったな。ママ、ちょっと外出てくる

ママ:はい?何言ってるの?今何時だと思ってるの!?

パパ:すぐ帰ってくるから。夕涼み。酔い冷ましさ。

ママ:危ないところには連れて行かないでよね。すぐ帰ってきて。食器洗って待ってるわ。

パパ:ありがとう。

パパ:ケイタ、行くぞ

ケイタ:うん!!

パパ:ケイタ。お前、どこまで行ったことある?

ケイタ:そこの公園まで

パパ:そうか、じゃあ、あっちまで行くぞ。見えるか?林に川、深夜の暗闇。

ケイタ:うん・・・

パパ:怖いか?

ケイタ:あっち、真っ暗だよ

パパ:大人は、先の見えない道を歩けなきゃいけないんだ。一人で。大切な人を連れて。

ケイタ:・・・行く。

-二人、林の方へ歩いて行く-

ケイタ:うわ!!

パパ:どうした?

ケイタ:今黒いのが目の前に!!

パパ:あぁ、そいつか。コイツは、コオロギっていうんだ。見るのは初めてか?

ケイタ:初めて、大きいね。怖い。襲ってくるの?

パパ:ケイタの体が大きくなったら、小さくて可愛く見えるさ。それに、そいつはプロの音楽家なんだ

ケイタ:音楽家?

パパ:楽器を弾くのがとても上手なんだ。ほら、目を閉じて、周りの音を聞いてごらん。

ケイタ:うん。・・・なんか、リーンリーンリーンって聞こえる。すごくキレイ。

パパ:その音を奏でているのは、今ケイタが怖がった、コオロギなんだ。

ケイタ:そうなの!?すごい子なんだ!!

パパ:そうさ。もう一度、コオロギを見てごらん。怖いかい?

ケイタ:・・・。怖くない!!お友達になりたい!!

パパ:そうだろ?怖いと思ったもの全てが、本当に怖いものとは限らないのさ。

パパ:川の方へ降りてみよう。

ケイタ:ママが川は危ないから絶対に近づいちゃダメって!

パパ:そうだよ。命に関わる。今回の冒険で一番危険な場所さ。ここに一人でこれるようになるには、まだ10年はかかる。

でも、今日は特別だ。パパは強いからな。一緒に川へ行く。大人になりたいんだろ?

ケイタ:わかった。

パパ:離れるなよ?

ケイタ:うん。

-暗闇を進み、川へと到着する-

ケイタ:うわ!!

ケイタ:なんか今、川から出てきた!!

パパ:魚だな。あれは、まだ弱い魚だ。大丈夫。ケイタも毎晩食べてるだろう?

ケイタ:おさかな!!

パパ:そう。川にも、小魚がいる。海の魚よりは小さいけどな。

ケイタ:なんか、自分の足でいろんな景色見ると、楽しい!!知らないことたくさんある!!

パパ:これから、もっと見たことの無い景色が見られるよ。虹色の虫、庭の木よりも大きい動物、黄金の太陽と、オレンジ色の太陽

ケイタ:想像できない!すごい!

パパ:そのためには、大きくならなきゃ行けない。

ケイタ:うん。

パパ:元気に毎日を過ごさなきゃ行けない。

ケイタ:うん。

パパ:ケイタ、まだ分からないと思うけど、忘れないで欲しいことがあるんだ

ケイタ:なに?

パパ:冒険は、危険を冒すこと。それでも果敢に挑戦するのが勇者。そして、負けないのがヒーローだよ。

ケイタ:パパはヒーローだよ!

パパ:ありがとう。ケイタはいつもそう言ってくれるね。ヒーローは、自分だけじゃなく、大切な人を守れなきゃいけない。

パパ:ケイタも、危険に勇敢に立ち向かい、大切な人を守れるヒーローになりなさい。それが、大人になるって事だ。

ケイタ:わかった。ぼく、たたかうよ!

パパ:頼もしいな。さ、今日の冒険はココまでだ。

パパ:おっと、日がまわっちゃったな。ケイタ、お誕生日、おめでとう。

ケイタ:ありがとう!これからは、たくさん冒険して、勇者になって、お父さんみたいなヒーローになる!!

パパ:たくましいな。さぁ、うちに帰ろう。

ケイタ:うん!!

-帰宅-

ママ:パパ、起きて。

パパ:あぁ、眠ってしまっていたのか

ママ:疲れてるのよ。今日は早く休みましょ?

パパ:そうだな。・・・。そうだ、あいつ、あした、6歳か。

ママ:そうね。久々にパパの休日と誕生日が合ったわね。

パパ:もう、寝たか?

ママ:寝かしつけたわよ。大変だったんだから。

ママ:眠れる獅子がね、明日はパパと山へ行くんだって聞かないから、お望みを飲んであげたわよ?

ママ:あなたが、あんな幼少期に富士山なんて登らすから・・・。明日は早起きしてサンドイッチ作らなきゃ。

パパ:立派な冒険者になりそうだ。

完。

  • この記事を書いた人

はりね。

詩を書いて旅をしているVtuber。

興味のある記事を一覧から見つける

1

10分ストーリー 【フリー台本】毎日、あなたの笑顔のために料理します。 【フリー台本】小さな冒険者は勇者になってヒーローになりたい 【フリー台本】コーヒー豆に謎を淹れて 【フリー台本】風のコントラスト ...

-10分ストーリー

Copyright© 針のおと【フリーで朗読できる台本・シナリオの湖】 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.